店舗開業支援

こんなことで
お悩みではありませんか?

こんなことでお悩みではありませんか?

  • 店舗開業の準備はいつから始めるべき?
  • 店舗開業の費用はいくらくらい必要?
  • 店舗開業するのにどんな手続きが必要?
  • 開業資金はどこから借りればいい?
  • 飲食店の経理はどうすればいい?
  • 入れ替わりの早い物件だけど、契約して大丈夫?
  • 店舗開業する際の税理士へ相談のタイミングは?
  • 無料で専門家へ開業の相談はできる?

このようなことでお悩みでしたら、お気軽に京都市右京区の木村研一税理士事務所へご連絡ください。

店舗開業を決めた時は?

他の起業よりもお早めにご相談を

京都市右京区の木村研一税理士事務所では、各種業態の店舗開業を支援しております。
店舗開業を決めてこれから新しいスタートを切られる方にお伝えしたいのは、「店舗開業の場合、他の起業よりもお早めに税理士へご相談を」ということです。
物件選び、設備・機器の導入、人材確保など、事業計画書を作成して融資を申し込む前にクリアしておかなければいけないことは多々あり、予定通り開業させるためには早いタイミングでのご相談が肝心です。

例えば物件選びにしても、居抜き物件でいくのか、一からデザインしていくのかによっても事業計画は変わってきますし、自己資金の額によっても適切な計画は違ってきます。
こうしたことを税理士へ相談し、1つ1つクリアにしていって開業へ向けてスムーズに進んでいくためにも、できるだけお早めにご相談いただくことをおすすめします。

入れ替わりの早い物件にはご注意を

店舗開業に際して物件選びはとても重要で、「入れ替わりの早い物件だけど、契約して大丈夫?」というご相談を承ることがありますが、そうした物件はよくよく注意して契約されるようにしましょう。
そうした物件の場合、何かしら理由があってテナントの入れ替わりが早い可能性が高く、「自分は大丈夫」「自分ならやれる」と思っていても、他の方と同様の結果になることが多いと言えます。

なので、物件選びで迷われた時には、一度当事務所へお気軽にご相談ください。
税金の専門家である税理士としてだけでなく、同じ経営者としてこれまでに培ったノウハウ・経験を活かしてアドバイスさせていただきます。
同じ苦労をして、稼げないのはもったいないと思いますので、店舗開業に際して物件を選ばれる際は、経験豊富な税理士へご相談いただくことをおすすめします。

木村研一税理士事務所では初回相談を無料で承っておりますので、まずはこちらをご利用になられて、税理士からのアドバイスを受けられてみてはいかがでしょうか?

店舗開業のサポートは?

資金調達サポート

資金調達サポート

店舗開業の際、最初に考えなければいけないのが、開業資金をどのように調達するかです。
ただし、開業資金の融資となると実績がないため、銀行などの民間の金融機関から融資を受けることは難しく、通常は日本政策金融公庫が実施している創業融資制度などを利用することになります。
こうした制度を利用するには、入念に練り上げた事業計画書の作成が必要で、当事務所では事業計画書の作成も含めてお客様の資金調達をサポートさせていただきます。

計画書作成サポート

計画書作成サポート

金融機関から融資を受ける時、事業計画書の提出が求められます。
融資担当者の納得を得て、十分な融資を受けるには現実的かつ内容に不備のない事業計画書の作成が不可欠です。
この事業計画書の内容が融資の可否を大きく左右すると言えますので、お客様の計画や希望などを詳しくおうかがいしたうえで、経験豊富な税理士が最適な事業計画書の作成をサポートさせていただきます。

開業サポート

開業サポート

店舗開業に際して、開業資金調達、許認可申請、税務署への開業届の提出など様々な書類の作成・提出が必要になります。
こうしたことを税理士へご依頼いただくことで、開業日に予定通り店舗がオープンできるようになるだけでなく、スムーズな開業が可能になります。
まあ、開業後は経理や税務のこと、また売上アップのための経営分析など、事業発展に向けた様々なアドバイスを受けることができます。

  • 木村研一税理士事務所 会計サポートサイト
  • 木村研一税理士事務所 コンセプトサイト
  • 木村研一税理士事務所 開業、起業、独立支援サイト
  • 税理士・木村研一の、相続と税務のお話
top